普通の放射線治療と重粒子線治療の違い

放射線治療と重粒子線がん治療の違い

従来の放射線治療はガンマ線、エックス線、電子線を使います。エックス線は皆さんも子存知の通りです。レントゲン撮りますよね。あれです。

問題なのは放射線は身体を通り抜けてしまうということです。あたり前ですが、がんは身体の中にあります。そのがんの病巣の前後には、正常な部分があるわけですね。ですから、病巣にある程度の放射線量を照射しようとすると、放射線の通り道になる病巣の手前の正常組織には、いつも病巣よりも多い量の放射線が照射されます。

また、病巣部を通り過ぎた向こう側の組織にも同様に放射線が照射されます。照射したときよりも、放射線は、だんだん弱くなっていきますから病巣部を通り過ぎた向こう側の組織はあまり問題にならないのかもしれませんが、病巣の手前の部分は心配ですよね。

だから、放射線による治療を行う場合には、常に放射線の通り道の正常組織が耐えられる限界量を考えながら照射することになります。つまり副作用を考えると放射線量の加減が必要で、がんを治し切れるほどの量まで照射できない場合があります。よって放射線治療は、副作用の危険が、がん細胞を殺す利益よりは少ないと考えられる場合に治療が行われます。

では重粒子線はどうでしょうか。

重粒子線は放射線と違って、からだの中をある程度進んだあと、急激に高いエネルギーを周囲にあたえ、そこで消滅するという性質があります。この性質を利用すると病巣部周囲だけに高いエネルギーが与え、身体の通り道にはあまりエネルギーをかけないように調整することができます。ゆえにエックス線と比較するとがん病巣部により高い量の放射線を照射することができ、より高い治療効果を得ることができます。

また、同じ量の放射線でも正常組織に照射される範囲が広ければ副作用は強く、狭ければ副作用が軽くなります。粒子線治療の場合にはがん病巣と同じ高い放射線量が照射される範囲を狭くすることができますので、もちろん副作用も軽くなります。放射線治療の副作用の多くは、治療中に放射線が当たった所の皮膚が赤くなったりする治療中の副作用と、治療が終了して数ヵ月から数十年後に起こってくる副作用もあるようです。

日本では、粒子線治療には、陽子線と重粒子線があります。重粒子線は炭素イオン線とも呼ばれています。よくわかりませんが陽子線は「軽く」重粒子線は「重い」粒子のようです。同じ物理線量で比べた場合、生物実験での治療効果は、陽子線の場合、エックス線の約1.1倍。重粒子線は約3倍強いという結果が報告されているそうです。ただ実際に炭素イオン線治療を行う場合は、副作用が強くならないように物理線量をエックス線や陽子線よりも減らす必要があるそうですが。