がん治療にはいろんな方法がある

がん治療のいろいろな方法

がんの代表的な治療法は外科療法、放射線療法、化学療法の大きく三つに分けられる。外科療法と放射線療法は、がんそのものへの「攻撃」であり、化学療法は全身療法です。

外科療法
がんの病巣を切り取って、根本的に治す治療法。

適応
・早期がんから中程度進行(0〜挟)がんまで
・病変が局所に限局
長所
・根治性が高いとされている
短所
・機能の欠損が大きい
・部位、患者の条件(年齢、合併症など)により適応に制限がある

放射線治療
がん細胞に放射線を当てて、がん細胞のDNAを損傷させて、がん細胞の増殖を抑え、殺傷します。

適応
・早期(鬼)がんから手術不能の局所進行(郡)がんまで
・病変が局所に限局
長所
・機能と形態の欠損が少ない
・全身への影響が少ない
・早期がんの治療成績は外科療法と同等
短所
・粒子線治療費は他の治療法に比べて高い

化学療法
抗がん剤でがん細胞の増殖を抑え、死滅させる治療法。抗がん剤は注射や薬で血液中に入り全身に運ばれ、がん細胞を攻撃します。

適応
・主として遠隔性転移のあるがん及び白血病
・病変が全身に進展
長所
・病状の進行が抑えられたり、延命効果があることもある
短所
・全身への影響が大きい(副作用が強い)
・根治性が低い

※参考資料:粒子線がん治療普及に向けた勉強会より