重粒子線がん治療とは

重粒子線がん治療とは何か

最初、重粒子線とはエックス線の一種だと思っていました。

確かに放射線治療には違いありませんが、だいぶ違う物のようです。いうなれば粒子線治療とでも言うべきでしょうか。粒子線は、陽子線や炭素イオン線などの事を指しています。従来の放射線治療で用いられるエックス線と比較してがん治療に優れた特徴をもっているそうです。コンピューターで制御された粒子線を病巣に向けてピンポイント照射して、がん細胞の遺伝子を直接破壊します。粒子線を照射しているときは、痛みなどは感じませんし、熱いといったこともないそうです。

ゆえに治療の際に麻酔薬や鎮静剤、メスや針も使いません。むろん輸血も不要です。こんな簡単(?)な治療法が、手術などよりも「効く」なんてことが本当にあるのだろうか。

一般的に、早期のがんには手術が優先されます。

しかし、手術を行っても高齢の場合には体力的な負担が大きかったり、余病のために手術が行えない方もいます。がんが進行していたり高齢であるなど何らかの理由で手術ができない場合には、重粒子線がん治療は大変有効なのではないだろうか。ただ普通の病院に設置できるような大きさの物ではなく、体育館のようなサイズの機械「加速器」が必要なので簡単には建設することは出来ないだろう。

なお日本で、重粒子線がん治療に使われている粒子線は陽子線と炭素イオン線の2種類です。昔は、陽子線は電子よりも重く炭素イオン線よりも軽いために、最近では炭素イオン線を重粒子線、陽子線と重粒子線の総称として粒子線と使われることが多いようです。